sting like bee

一口クラブライフ✳︎ログ

こっそり帰厩してた!!

昨日からJリーグが開幕し、今日はサッカーも競馬もプロレス(中西学引退試合)もあって大忙し( ´_ゝ`)

だけど明日から6連勤ということもあって、貴重な休日のはずの今日も事務関係の処理とかいろいろやんなきゃいけないことがあるという💧

うまくバランスとって、やることやれるようにがんばります(←誘惑に負けないか不安でいっぱい笑)

 

とりあえずまずはトランキーロってことで、取り急ぎ昨日更新のあった出資馬近況についてサクッと書いていきます🐴

 

 

f:id:AMANISTA:20200222090006j:image

ローレルジェイド (再ファンド予定)

4歳 牡[未勝利]
ホッカイドウ競馬安田武広厩舎
父:ロードカナロア
母:ネネグース

 

2020/02/21

この中間は屋内ダートコース2400mを15-15のキャンター調教を行なっています。馬体重512kg

パッショーネ代表「遠位種子骨炎のケアとして骨形成を促進する薬剤を投与しながら調教を進めており、今のところ順調です。ホッカイドウ競馬は4月中旬から開催がスタートしますが、3月に入るとゲート試験などが始まります。早めに合格させてからこちらに戻して、脚元のケアを続けながら仕上げていく予定で入厩先の安田先生と調整しています」

 

脚部不安(ナビキュラー病)を抱えながらの難しい調整が続けられているジェイド🐴

しかし、パッショーネさんの入念なケアや調教内容の工夫などによって、ホッカイドウ競馬開幕に照準を合わせてしっかりと乗り込むことができています

元々おっとりしてるジェイドの気持ちがちゃんと着火するのか、あるいは復帰戦までにどれだけ中身を作って競馬に迎えるのか、かなり休養期間が長くなったことでいろいろ心配は尽きませんが、ここまできたらもう彼の底力を信じるほかないですね٩( 'ω' )و

パッショーネさん、そして安田先生、引き続きジェイドのことをよろしくお願いします✨

 

 

f:id:AMANISTA:20200222090110j:image

シングルアップ

4歳 牡[3勝クラス / 障害オープン]
栗東・寺島良厩舎
父:キンシャサノキセキ
母:ラフアップ

 

2020.02.21 所有馬情報

在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:中京3月28日 障害オープン

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで週3回登坂しています。以前のようにガタっと疲れが出ることもなかったですし、馬体も良い状態を維持しています。再来週あたりに帰厩することになると思うので、移動に備えてコンディションを整えておきます。馬体重は561kgです」

 

アップくんに関しては順調そのもので、特に書くことがありません(・∀・)

3月末に出走予定の中京は、芝コースでの障害戦実施だと思うので、苦手なダートを走らなくて済むのはアップにとって大きなアドバンテージ⤴︎

560kgの馬体を誇るキンシャサ産駒(しかも母父クロフネ)でダート苦手っていうのも不思議な話だけど笑、次走我々に得意の芝コースで鮮やかに逃げ切る姿を見せつけてほしいと思っています!

 

 

f:id:AMANISTA:20200222090010j:image

ヴァリアントジョイ

3歳 牡[未勝利]
美浦畠山吉宏厩舎
父:ウインバリアシオン
母:エプソムアイリス

 

2020/02/21

この中間はBTC内の屋内ダートコース1800mを普通キャンターの調教を行なっています。

グランデファームスタッフ「四肢の蹄鉄の改装を済ませて騎乗運動に進めています。歩様は良好ですので、蹄は問題ない状態にまで回復したと見てよいでしょう。成長力がある馬だと思いますので、これからさらに頑張ってくれるよう、馬を造っていきたいです」

 

長きに渡ったリハビリを終え、ついにBTCでのコース調教がスタートしました!!

ヴァリくん、まずはWM・トレッドミルの卒業おめでとう✨

2歳時はずっと緩い緩い言われてきたけど、休養も挟んだことだし、そろそろ緩さが解消してくる頃合いかもしれない(´ω`)

これからペースアップしていくごとに、馬体にもどんどん張りが出てくることでしょう⤴︎

ヴァリくんファイト📣

 


f:id:AMANISTA:20200222090003j:image

ニコブリランテ

3歳 牝[新馬
栗東河内洋厩舎
父:ディープブリランテ
母:ニューコローラ

 

2020/2/21(栗東トレセン
宇治田原優駿ステーブルで調整され、19日(水)に帰厩しました。

「今朝は力強い脚捌きで、グイグイと坂路を駆け上がっていました。思いのほか帰厩に時間がかかってしまいましたが、トモの具合はもう心配なさそうですね。騎乗したスタッフも『緩さがだいぶ解消されて、パワーも備わってきた』と褒めていましたよ。本質的にニコは芝向きと思っていますし、阪神開催で組まれているダートの新馬戦に無理やり合わせてというつもりはありません。体つきを見てもまだ余裕が感じられるため、まずは何本か速めをやっていって、それからデビュー戦を決めることにしましょう」(河内洋調教師)

 

昨日Twitterに「あとはニコだけ!」って書いたばかりだけど、実はもう水曜の段階で帰厩していたみたい(・∀・)

おかえりー!待ってたよ!!

11月〜12月のデビュー直前に続けて頓挫して、最終的に無念の放牧になったわけだけど、ニコはこの休養を経て不安箇所を解消しただけでなく、休養前よりもパワーアップした状態で帰ってきてくれたらしいです✨

そして河内先生のコメントもうれしい限りで、とりあえず使うという安易な選択はせず、ニコの適性をよく考えてくださってることが伝わりました

これでウチの未デビュー三銃士(ハーモニクス・アンジェロフィリオ・ニコブリランテ)はすべてトレセンに在厩⤴︎

初戦からいきなりはどうかって感じもあるにはありますが、三頭とも苦しいリハビリ期間を乗り越えてきてくれたので、彼女たちの努力が報われることを願っています(´ー`)/

 

 

 

それではまた!
me ke aloha pumehana

 


※このブログではローレルクラブならびにシルクホースクラブのホームページ掲載情報から転載許可をいただき記事にしています
また、ノルマンディーオーナーズクラブについてはクラブに事前連絡を行いホームページ掲載情報を一部引用させていただいております

 

※2019年3月27日以前の過去記事については、お手数ではございますが旧ブログリンクからご覧ください
旧ブログ(ココログ) → sting like bee

デビューが見えてきた

疲労なのかストレスなのか、今週は頭がうまく回らないことが多くて困っています💧

そんなこともあって、もしかしたら身体が糖分を欲しているのか食欲がマジでヤバイ…!!

ポッコリお腹解消のためにがんばって節制してたのに、昨日とか三食がっつり糖質取りまくってしまいました💀

最近の努力が完全に台無しだ(・∀・)

 

 

今日は水曜・木曜で更新があったトレセン在厩馬たちの近況について書いていきます🐴

 

 

f:id:AMANISTA:20200221080647j:image

ハーモニクス 

3歳 牝[新馬
美浦武市康男厩舎
父:キンシャサノキセキ
母:アコースティクス

 

2020.02.20 所有馬情報

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:19日に坂路コースで時計
次走予定:第2回中山開催

武市康男調教師「19日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、最後は馬体を並べてゴールしています。先週よりもさらにステップアップして、全体で54秒を切るところまで進められた中、終い少し強めに追う形にはなりましたが、ラスト1ハロンを12秒台でまとめることが出来たのは評価できると思います。ゴールまで気持ちを切らさず走れていましたし、まだハミに乗っ掛かるような部分があるものの、少しずつ体を起こして走れるようになってきています。デビュー戦については、中山のD1,200mを考えていますが、今週の東京・D1,400mの想定を見るとかなりの頭数がスタンバイしている形です。除外の権利を得るために、今週から出馬投票することも選択肢の一つではありましたが、まだ態勢が整っているとは言えない状況で、もし入ってしまった場合タイムオーバーになってしまう可能性も否定できないため、投票は控えさせていただきました。入るかどうか何とも言えない新馬戦に向けて仕上げていくよりは、確実に入る可能性の高い未勝利戦に照準を定めて進めていくのも一つの手だと思うので、そちらの方向も念頭に入れながらデビュー戦をどうするか決めていきたいと思います」

 

2020.02.19 調教タイム

助 手 2/19(水)美坂良 53.9- 39.2- 25.6- 12.8 強めに追う
キリシマダイオウ(三未勝)末強めに0.3秒先行同入

 

武市先生のコメントがめちゃくちゃロング( ´_ゝ`)

要は初戦をどこに設定するかってお話ですけども、自分としては師の仰る優先順位で納得しています✋

新馬戦でデビューできるのであればそれにこしたことはないですが、確かに登録状況がかなりのキャパオーバーになってますもんね

肝心のハーモニクスの状態については、ここにきてようやく水準の時計を計時できるようになってくれたのでホッとしました⤴︎

そうは言っても現状だとまだタイムオーバーになる心配もあるくらいの仕上がりなので、最低あと2〜3本は本数を重ねていかないといけないでしょう

負荷をかけた反動が出ず、追い切り毎に上昇していけることを祈ってます🐴

 


f:id:AMANISTA:20200221080640j:image

アンジェロフィリオ

3歳 牡[新馬
栗東大久保龍志厩舎
父:キンシャサノキセキ
母:エンジェルフォール

 

2020.02.20 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:20日に坂路コースで追い切り
次走予定:未定

担当助手「脚元の状態には気を付けながら進めていますが、ここまで順調に進められていましたので、20日に坂路で時計を出しました。強め1本目にしてはラスト1ハロン12.3秒で上がってきましたし、まずまず動いてくれましたね。まだ馬体に余裕があるので、もう少し本数を重ねてから具体的な番組を決めることになると思います。素質は感じるだけに、今後も脚元の状態には気を付けて進めていきます」

 

2020.02.20 調教タイム

荻野琢 2/20(木)栗坂良 54.0- 38.6- 24.7- 12.3 一杯に追う
コスタネラ(古馬1勝)一杯に0.6秒先行0.1秒先着

 

つい最近までNFしがらきで苦言を呈されていたフィリオですが、実質初めてトレセンで追い切った形の昨日、イイ感じの加速ラップを出してくれました✨

助手さんが言ってくださった「素質は感じる」というお言葉、素直に受け取ってもよろしいですかね(´ω`)

それにしても、この一週間でいったい彼の身に何が起こったのでしょう!?

魔法でもかけてもらったんかな(・∀・)

フィリオもハーモニクスと同じで脚に不安を抱えている仔なので、この先の追い切り一本一本に対して、いつも以上にドキドキが続きそうです笑

このまま3月中旬あたりまでにデビューできるといいね!!

 


f:id:AMANISTA:20200221080636j:image

アメージングサン

3歳 牡[1勝クラス]
美浦・奥村武厩舎
父:ロードカナロア
母:アメージングムーン

 

2020/02/19

3月14日(土) 中山6R・3歳1勝クラス・芝1200mに出走を予定しています。

奥村(武)師「レース後は変わりない様子ですので、明日から馬場入りを再開して次走へ向かいます。この馬のスピードを活かせると思う芝1200mの番組に拘って、好位から差す競馬が出来るように調教から教えて行きたいと思います」

 

上がりの状態は特に問題なさそうですねー!

ふぅー、よかった(´ー`)

レースで我慢が効くようになるための特訓の日々がこれから始まりますが、アメージングは賢い馬だから新しい脚質も必ずマスターしてくれると思ってます

次は勝ち上がった札幌と同じ右回りのスプリント戦⤴︎

未来の大舞台と同じコースだし、能力全開でこないだの借りを返しに行こうか٩( ᐛ )و

 


f:id:AMANISTA:20200221080623j:image

ベストデイエヴァ

4歳 牝[未勝利 / 障害未勝利]
美浦・深山雅史厩舎
父:ゼンノロブロイ
母:モーディッシュ

 

2020/02/20

3月1日(日)中京4Rまたは5R・障害未勝利・芝3000mに小野寺祐太で出走を予定しています。

助手・2月16日(日)美坂良1回・4F59.1-43.7-28.7-14.5(馬なり余力)
小野寺・2月19日(水)美北C良・5F69.9-53.7-39.5-13.2(5分所・馬なり余力)
ペイシャネガノ(古馬3勝)強目の内0.9秒先行0.4秒遅れ

小野寺騎手「レースでの折り合い面を考えて中間からハミを替えて乗っていますが、以前に比べて乗り易くなった感じが伺えます。今日の追い切りでも楽な感じで動いていました。併せて最後に遅れてしまったのは、少し右にモタレてしまったからです。前からモタレるのも気になっていた事なので、次の調教から右だけチークを着けて乗ってみたいと思います」

 

エヴァーさま、これからは『右だけチーク』というオシャレなアシンメトリーコーデでいくらしい✨

てかこれ、調教も普通に及第点ですよね!?

これまで、他馬にとっては普通なことがエヴァーにとっては普通じゃないことが多かったので、こんななんでもないようなことが幸せに感じます(←虎舞竜)

エヴァーは小野寺ジョッキーのことがお気に入りっぽいし、心を許せる小野寺Jとの二人三脚で次走まで突き進んでほしいなー!

 


f:id:AMANISTA:20200221080644j:image

アルモニカ

5歳 牝[2勝クラス]
栗東西村真幸厩舎
父:ロードカナロア
母:アフリカンピアノ

 

2020.02.19 所有馬情報

在厩場所:18日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

西村真幸調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、馬体が少し減った以外は目立つほどのダメージはありませんでした。18日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきましたが、レース後に息づかいがひと息だったとジョッキーが言っていたので、内面の方も一度チェックしてもらおうと思います」

 

月曜の更新では転厩や引退すら匂わせる内容のレース後コメントをされていた西村先生ですが、水曜の更新では特にそんなこともなく(^-^;

レース後の息づかいについては、前走に騎乗した横山武史ジョッキーからの指摘です

もし内蔵や呼吸器官に疾病があったりなんかしたら、胸が痛むしすごく辛いや⤵︎

検査の結果、特に異常がないことを願うばかりです(ノД`)

とりあえず今はゆっくり休ませてもらうんだよー!

 


f:id:AMANISTA:20200221080629j:image

ダンケシェーン

5歳 セン[2勝クラス]
栗東昆貢厩舎
父:ヘニーヒューズ
母:ゼフィランサス

 

2020/02/20

助手・2月16日(日)栗坂稍1回・4F58.4-42.6-26.3-12.5(馬なり余力)
レッドレビン(3歳未勝利)馬なりに0.3秒先行0.2秒先着
助手・2月19日(水)栗坂良1回・4F51.9-38.4-26.2-14.0(馬なり余力)
ビッグデータ(古馬2勝)一杯を0.1秒追走0.2秒先着

昆師「本来のこの馬の筋肉量からしたら、まだまだ物足りない感じがする。これも去勢の影響だと思うが、飼葉は食べてくれるから、次第に身体のボリュームは戻ってくるだろう。同じように昨年手術したヒルノマゼランは結果を出しているので、良いお手本としたいね」

 

帰厩後も至って順調な様子のダンちゃん🐴

最初この追い切りタイムを見たときは「全体タイムは速いけど、終い1Fが14.0ってどうしたんだろ?」って少しビックリしました(・Д・)

でも馬なりだったみたいだし、一杯に追ってる僚馬を先着してのものなので、もしかしたらゴール前は無理せず流しただけなのかも…?

まだ昆先生から次走の予定については触れられてないですが、この感じなら復帰戦はそう遠くないような気もします!

コメントで挙げられているヒルノマゼランは、去勢手術明けの一戦(2勝クラス)を8番人気ながら見事勝利で飾ると、3勝クラス昇級後も僅差の4着に入るなど、セン馬になってから華麗な変身を遂げています✨

身近にお手本となる先輩がいて、所属厩舎がセン馬育成のノウハウを持っているってことは、我々として心強いことこの上ない⤴︎

野村再生工場』で復活した元ヤクルトの小早川さんのように、ダンちゃんも『昆貢再生工場』で復活ロードを歩んでアナザースカイに取り上げてもらおう( ´_ゝ`)

 


f:id:AMANISTA:20200221080632j:image

キャプチュード

5歳 牡[2勝クラス]
美浦和田正一郎厩舎
父:ベーカバド
母:シルクヴァルキリー

 

2020/02/19

3月14日(土) 中山12R・4歳以上2勝クラス・D2400mに出走を予定しています。

千葉県の和田牧場に本日放牧へ出ました。

和田(郎)師「先週の競馬がフルゲート割れでしたし、4節あれば使えると思うので中山3週目を予定します。ただ入替の都合もあるので、1週間だけ牧場へ出させて下さい」

 

キャプチュードは中山ダート1800→東京ダート2100と走ってきて、次は更なる距離延長となる中山ダート2400へ向かうことになりました!

出遅れ癖と二の脚の遅さが弱点のキャプくんですが、意外とバテないスタミナがあるのと野太い荒武者のような末脚が持ち味ですから、中山の2400という条件はドンピシャに合いそうな予感もしています(・∀・)

まずは少しでもスタートのロスを抑えて、外からグイグイ捲っていくようなワイルドなレースが見れたらいいですね!

そして、3/14はアメージングとキャプくんが前走と同様に同日・同競馬場にて走ることになりました

前回は揃って負けてしまったので、3/14はローレルの勝負服が躍動する日になれば最高です⤴︎

 


f:id:AMANISTA:20200221080626j:image

インヘリットデール

6歳 牝[2勝クラス]
栗東高野友和厩舎
父:ルーラーシップ
母:フサイチエアデール

 

2020.02.20 所有馬情報

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:19日に坂路コースで追い切り
次走予定:阪神2月29日 芝1,600m〔A.シュタルケ

高野友和調教師「19日に坂路で追い切りました。やや遅れたものの、目一杯に追っていたわけではないですし、最後まで余力十分で動きは良かったですよ。短期放牧明けでも変わらず良い状態を維持していますし、前向きさも見られるので、来週の競馬ではしっかり力を発揮してくれると思います」

 

2020.02.19 調教タイム

助 手 2/19(水)栗坂良 54.8- 39.7- 25.6- 12.4 一杯に追う
アトリビュート(三未勝)馬なりを0.1秒追走0.2秒遅れ

 

来週の競馬に向けてすこぶる順調に来ているみたい(´ω`)

調教タイムはいまいちだけど、もともとそんなに稽古駆けしないタイプだし、むしろデールの場合はどれだけフレッシュな状態でレースに臨めるかが大切!

トレセンで過ごせる時間もあとわずか、引退までのタイムリミットは刻々と迫ってきています

最後にもう一花咲かせてほしいのはもちろんだけど、デールさん一花どころかあともう二花くらい咲かせてくれても全然構わないよ٩( ᐛ )و

入魂の仕上げで来週末を迎えてほしいな!!

 

 

 

それではまた!
me ke aloha pumehana

 


※このブログではローレルクラブならびにシルクホースクラブのホームページ掲載情報から転載許可をいただき記事にしています
また、ノルマンディーオーナーズクラブについてはクラブに事前連絡を行いホームページ掲載情報を一部引用させていただいております

 

※2019年3月27日以前の過去記事については、お手数ではございますが旧ブログリンクからご覧ください
旧ブログ(ココログ) → sting like bee

はじめて愛馬に命名できたこと。

先日2018年産ローレルクラブ所属馬たちの馬名が発表になっています🐴

そのうちの一頭ハーランズルビー18の馬名について、実は自分の応募馬名である[フロムディスタンス]を採用していただくことができました…!!

せっかくこうしてブログをやっているので、今日はこの馬名に込めた意味や想いを少し掘り下げてご紹介させてもらえればと思っています

 

 

f:id:AMANISTA:20200219072451j:image

フロムディスタンス (ハーランズルビー18)

2歳 牡[新馬
美浦大竹正博厩舎予定
父:ヘニーヒューズ
母:ハーランズルビー

 

本馬の競走名が【フロムディスタンス From Distance(英語)「離れた場所から」どこにいても声援が集まるように】に決定しました。

 

フロムディスタンス (ハーランズルビー18)は、ローレルゲレイロの生産牧場・村田牧場さんで生産されたヘニーヒューズ産駒の男の子⤴︎

兄姉にはJRA 3勝のヒルノアトラーニやJRA 4勝で今年の日経新春杯(GⅡ)を制したモズベッロなどがいるように、繁殖能力の高い母から生まれた期待の2歳馬です

生産者の村田牧場さんは、かつての実績に甘んじることなく新たなチャレンジや様々な創意工夫をされている牧場さんで、ここ数年そんな取り組みが身を結び、生産馬の成績が上昇の一途を辿ってらっしゃいます

村田さんは血統関係の知識がとても豊富で、配合的に確かな裏付けのある種牡馬選定をされていて、血統好きの自分としても非常にリスペクトしている生産者さんです

※生産馬の配合解説など、読み応え満点の村田牧場さんブログがこちら↓

(有)村田牧場通信

 

そうそう、この仔は生まれたての赤ちゃん時代、Pacallaさんの「もくしをつなぐプロジェクト」でお世話になった仔でした🐴

その時のもくしを作られたのが『Dreams from HIDAKA』というめちゃくちゃ素敵なブログを書かれているシャディーナさんだったりするのです

以前シャディーナさんのブログ内で、僕のへなちょこブログのことも温かいコメントを添えてご紹介くださったり、すごくお世話になってる方✨

シャディーナさんとはツアー時の懇親会で隣同士だったこともあって、それ以来お互いのブログなどを通して交流させていただいています

※以下のリンクから、フロムディスタンスの当時の様子やかわいい写真などが載った記事を見ることができます

もくしをつなぐプロジェクト | Pacalla(パカラ)

 

一口クラブライフを始めて以来の念願で、だけど「センスないから叶わないかもしれないなー」と諦め半分だった愛馬への命名という夢

今回採用されたことに恐れ多い気持ちも多分にあったりするのですが、ありがたいことにその夢を叶えていただけて本当にうれしく思います⤴︎

まして自身初の命名馬が思い入れの深いローレルクラブ募集馬だってことや、懇意にしていただいている村田牧場さん生産馬ってことが尚更うれしいです

しかも、その命名馬は数年前シャディーナさんの手作りもくしを着けてたあのかわいらしい赤ちゃん馬だったということもまた、個人的に感無量でございます✨

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、フロムディスタンスという馬名を応募した理由やその由来についてお伝えしたいと思います

 

まずハーランズルビー18に応募する馬名を考えようとした時、ツアーで触れ合った際の人懐っこさとか表情豊かなキャラクターが真っ先に頭に浮かんだんですよね…!!

「今は遠くにいるけど、早くまた会いたいなー!」って思いながら、競走馬になった未来の彼を妄想してました(・∀・)

 

一口の世界ってどの馬もみんなそうなんですけど、愛馬になかなか会えないじゃないですか?

競馬に出る時でさえ、居住地から遠かったり仕事や他の用事と重なってしまったりして、みんながみんな現地へ毎回行けるわけじゃなくて…

当然トレセンにいる時は会いに行けないし、直接彼らと触れ合える機会があるとすれば、外厩牧場さんにいる時くらい!?

その外厩さんにしても美浦近郊か栗東近郊かによっても違ってくるし、もし気軽に通える場所にある外厩さんに愛馬がいたとしても、そこまで頻繁にお邪魔するのはご迷惑になってしまいます

でも、それぞれのクラブ募集馬には何百人っていう数の出資会員さんたちがいて、彼らの健康と活躍を願いながら各々のスタンスで応援してるんですよね⤴︎

競馬場や外厩さんで直接声援を送ったり触れ合ったりすることが難しくても、どんな形であれ絶対みんな愛馬にがんばってほしいと思っているはずで…!

だから「この仔が日本のどの場所にいたとしても、出資者みんなの想いが彼のとこまで届くといいなー」ってなことをぼんやり考えていた時、ふと『フロムディスタンス』というワードが頭に浮かびました(´ー`)

 

そもそもフロムディスタンスっていうワードがなぜ自分の中から出てきたかというと、もともと自分が大好きな同名の曲があったからだと思います💿

 

f:id:AMANISTA:20200219183015j:image

『‪From Distance』

RYO the SKYWALKER feat.Pushim

2002.07.24 発売

https://wmg.jp/ryo-the-skywalker/discography/1366/%E2%80%AC

 

ジャパレゲの歌姫PUSHIMをフィーチャーして切ない2人の行方を描いた、ナイスなコンビネーション・チューン!時代を超えて愛され続けているジャパレゲ史に残る歴史的名曲です!」

by STEREO RECORDSさん

 

↓オフィシャル音源 (YouTube)

From Distance -Original Ver.- - YouTube

 

 

From Distanceは昔からずっと好きで、RYOさんのエモいリリックとPUSHIM姉さんの深みのある歌声が最高にマッチした曲です

ぶっちゃけここしばらく聴いてなかったりしたんですけど、この名前が浮かんでからすぐに聴きたくなって、懐かしさを胸に再生してみるとやっぱイイ曲!

ひゃー、名曲はいつまで経っても色褪せない( ´_ゝ`)

久々に聴いたら止まらなくなり、何回も何回もヘビロテしまくりました (←馬名が採用されたのを知った時も同じようにヘビロテしてしまった)

 

…という具合で、北海道でがんばっているハーランズルビー18に想いを馳せたとき、なぜか突然頭に浮かんだ「フロムディスタンス」という応募馬名🐴

その馬名をこうして選んでいただくことができ、自己満で勝手な解釈ではあるのですが、どこか不思議な縁を感じていますし、採用していただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです

 

先ほど「出資者みんなの想いが彼のとこまで届くといいな」ってことを書いたけど、これ本当は少し違くて、この名前には「たくさんの競馬ファンに愛されて、日本中から応援してもらえる競走馬になりますように」って想いも込めていたりします✨

 

これからの彼がどんな馬生を送っていくのか、あったかく見守っていきたいです!!

 

 

以上

 

 

例によって長ーーくなってしまいました笑

拙い命名理由ではございますが、ほんの少しでも今回の経緯をご理解いただければ幸いです

 

ローレル会員さんやフロムディスタンス出資仲間のみなさま、ご一緒に熱い応援をしていきましょう📣

 

 

ロムくんへ

みんなついてるから

これから先の旅も淋しくはないよ٩( ᐛ )و

 

 

f:id:AMANISTA:20200218125915j:image

 

f:id:AMANISTA:20200218125933j:image

 

 

 

それではまた!
me ke aloha pumehana

 


※このブログではローレルクラブならびにシルクホースクラブのホームページ掲載情報から転載許可をいただき記事にしています
また、ノルマンディーオーナーズクラブについてはクラブに事前連絡を行いホームページ掲載情報を一部引用させていただいております

 

※2019年3月27日以前の過去記事については、お手数ではございますが旧ブログリンクからご覧ください
旧ブログ(ココログ) → sting like bee